バイアグラの飲み方は?作用時間を考えよう

テーブルの上にあるグラスと腕時計
勃起力をアップさせる高い効果を得るための、バイアグラの正しい飲み方があることを知っていますか。
ただ「飲むだけで効果がある」と考えていると、失敗してしまいます。

十分な効果を得られずにセックスに失敗することが無いよう、正しい飲み方を知りましょう。
また作用時間についても知っておくと、バイアグラの効果で最大限にセックスを楽しめるようになります。

バイアグラの正しい飲み方とは

1日1回、1錠を水かぬるま湯で飲む方法が通常の飲み方です。
そして服用量はシルデナフィルとして25mg~100mgなので、最大量を超える服用は絶対にしないでください。

バイアグラ通販で取り扱っている成分量は50mgと100mgであるため、半分や4分の1にカットして服用することがおすすめです。
効果を最大限に得るには、空腹かつノンアルコールの状態でセックスの約1時間前の服用が推奨されています。

そして1度服用したら、次の服用まで24時間以上は間隔を空けるようにしましょう。
効果が切れていても、体内での成分の作用は残っているため時間を空けずに再度服用すると副作用が強くあらわれてしまう可能性があるのです。

これからバイアグラを始めて飲む方はもちろん、服用してみたけど効果が十分に得られなかったという方も、改めて正しい飲み方を確認しましょう。

食事やアルコールの影響を受けやすいので注意しよう

テーブルに並ぶアルコールと食事
飲むとき、空腹時・ノンアルコール時の状態が望ましいのは、バイアグラが食事やアルコールの影響を受けやすいことにあります。

飲みすぎによって効果を半減させたり副作用を強めたりする可能性があるため、バイアグラの服用時はアルコールを控えることがおすすめです。

そして有効成分であるシルデナフィルは水に溶けにくい性質をしているため、体内に吸収されるまで30分~1時間程度かかります。
その影響によって、食後すぐに服用すると効果が半減する可能性があるのです。

ただし食事を終えてセックスまで時間があるときは、食後2時間以上経ってからバイアグラを飲む方法で高い効果が得られるでしょう。
また食後すぐにセックスをするときには、食前に飲むことで空腹状態でのセックスを避けることができるのです。

空腹のままセックスしないためのコツ

推奨されているバイアグラを飲む方法だと、空腹の状態でセックスに臨むことになってしまうと考える方もいるでしょう。
しかし食事の30分前に服用しておけば、体内に十分吸収されるため普段通りの食事をしても問題ありません。

食後2時間以上経過してから、もしくは食前30分以上の間隔をあけることで、バイアグラの効果を十分に得ることができます。
この飲み方を知っておくことで、空腹を気にせずセックスを楽しめるでしょう。

効き始めるまでの時間・作用時間を逆算して飲む

腕時計をしている男性の手元
バイアグラは服用してから30分程度で効き始めて1時間程度で、効果のピークを迎えます。
作用時間は約4~6時間となっているため、作用時間を逆算して飲むこともおすすめです。

食後2時間が経過してから飲んで、効き始めから作用が切れるまで最大限に楽しんだり、食前に飲んでムードを壊さず自然にセックスの流れに持っていくこともできます。

作用が続いている間は、射精しても興奮したり・性的刺激を受けたら何度も勃起を繰り返すことも可能です。
効き始めや作用などの時間を逆算して、最大限の効果を得ながら自分自身が使いやすいように飲みましょう。

飲み方を正しくするだけで効果が変わる!

バイアグラの十分な効果が得られなかったという方の中には、市販薬などの同じような感覚で食後に飲んでしまっていたり、アルコールを飲んでいたこともあるはずです。

これまでの飲み方を正しくするだけで、薬を変えなくても得られる効果が変わる可能性があります。
ED治療薬で有名なバイアグラでも効果がなかった、と落胆する前にもう一度正しい飲み方を確認し直してみましょう。